病院案内

Hospital information

医療の質(QI)

QI(Quality Indicator)とは

QI(クオリティーインディケーター)は、病院の様々な機能を適切な指標を用いて表したものです。

転倒転落発生率

分子 調査期間中の月毎の入院中の患者に発生した転倒・転落件数×1000
分母 月毎の入院患者延数
単位 ‰(×1000)
  • 頴田病院2020年度実績については、2021年1月~2021年3月実績​
  • 全国平均値は、日本病院協会QIプロジェクト年度別実績(直近報告値)より参照​

指標の定義・算出方法

  1. 調査期間中の月別の入院患者延べ数(許可病床数にかかわらず24時現在に在院していた患者数および退院患者数)の合計を分母とする。
  2. 分母のうち、医療安全管理部門へインシデント・アクシデント報告が提出された入院中の転倒・転落件数を分子とする。
    • 入院患者以外の転倒・転落によるものは分子から除外する。​
    • 転倒・転落発生日が分母と同月の場合に分子に含む。
    • 医療スタッフによる介助時や移動時の転倒・転落によるものは分子に含む。​
    • 医療施設の敷地外や外泊中の転倒・転落によるものは分子に含む。
    • 意図的な転倒・転落によるものは分子に含む。​
    • 同一患者における複数回の転倒・転落によるものは個別にカウントする。​
    • 同一患者における同一転倒・転落に対し複数のインシデント・アクシデント報告が提出された場合には、複数の報告を1件として分子に含む。同一患者における同一事例に対し複数のインシデント・アクシデント報告が提出された場合には、それらの報告は1件として分子の対象とする。​

■転倒転落発生率(‰)

インシデント・アクシデント発生件数【100床あたり】

分子 調査期間中の月毎の入院患者におけるインシデント・アクシデント発生件数×100​
分母 許可病床数​
単位 件(100病床あたり)​
  • 頴田病院2020年度実績については、2021年1月~2021年3月実績​
  • 全国平均値は、日本病院協会QIプロジェクト年度別実績(直近報告値)より参照

指標の定義・算出方法​

  1. 許可病床数を分母とする​
  2. 調査期間中に医療安全管理部門へ報告されたインシデント・アクシデント報告の合計数を分子とする​
    • インシデント・アクシデント報告の原因となった事象の発生日は問わない​​
    • ​医療安全管理部門への報告日により分子の対象とする​
    • ​同一患者における同一事例に対し複数のインシデント・アクシデント報告が提出された場合には、それらの報告は1件として分子の対象とする。​
    • ​同一患者における同一事例に対し複数のインシデント・アクシデント報告が提出された場合には、その最初の報告日をもって分子の対象とする​

■インデント・アクシデント件数(100床あたり)

誤薬発生件数【100床あたり】​

分子 調査期間中の月毎の入院患者における誤薬発生件数×100​​
分母 許可病床数​
単位 件(100病床あたり)​
  • 頴田病院2020年度実績については、2021年1月~2021年3月実績​

指標の定義・算出方法​

  1. 許可病床数を分母とする​
  2. 調査期間中に医療安全管理部門へ報告された誤薬報告の合計数を分子とする​​
    • ​​誤薬報告の原因となった事象の発生日は問わない​
    • ​​医療安全管理部門への報告日により分子の対象とする​
    • ​​同一患者における同一事例に対し複数の誤薬報告が提出された場合には、それらの報告は1件として分子の対象とする。​
    • ​​同一患者における同一事例に対し複数の誤薬報告が提出された場合には、その最初の報告日をもって分子の対象とする​

■誤薬件数(100床あたり)

トップページ
診療案内
医師紹介 外来受診について
予防接種のご案内 在宅医療について
短時間通所リハビリテーション
各種制度・基本料金
入院・お見舞い
入院について お見舞いについて
地域包括ケア情報について 個人情報の取扱いについて
病院案内
院長挨拶 病院の基本情報
診療に関わる包括同意について 病院の沿革
臨床研究について 病院見学について
広報誌 個人情報保護方針
部門紹介
看護部 リハビリテーション部
薬剤科 臨床検査科
臨床工学科 放射線科
栄養管理科 地域連携科
医療・介護関係者の方へ
ピッツバーグからの学び
採用情報
現職スタッフの声 医師研修プログラム
募集要項
周辺情報・アクセス

外来受診

入院

在宅医療

予防接種

採用情報